natural salon

オーガニック化粧品と注意点。

オーガニックとは、有機栽培の意味を持つ言葉で化学合成農薬や化学肥料に頼らずに有機肥料などによって土の持つ本来の力を活かして栽培する農法のことをいいます。
このような農法で作られた植物を原料として作ったのがオーガニック化粧品で、使い続けることによって肌本来の保湿力や再生力に働きかけて肌の力やバランスを取り戻すことができ、肌トラブルを改善したり、乾燥やかゆみなどの症状を緩和することができるよという特徴を持っています。
しかし、日本ではオーガニックの基準は曖昧であるというデメリットがあります。
メーカーやブランドによる独自の判断となってしまうため1%でも入っていれば、オーガニック化粧品と表現することができてしまうため注意が必要です。
このような商品が欲しいという場合には、パッケージの裏の成分表をチェックすることが大切です。
商品の中の何%の割合で成分が入っているかをきちんとチェックしすることが大切です。
また、肌に合わないこともあるため肌に合う商品を選ぶことも重要です。

オーガニックの化粧品を使ってみよう。

オーガニックの化粧品は、肥料や農薬などを使用していない有機栽培の素材を使って作られています。
オーガニックの化粧品は、洗顔後や入浴後の清潔になったお肌に使用することで、お肌の自然治癒力を高める働きがあるため、お肌の状態が少しずつ改善されてきます。
お肌が敏感で乾燥しやすい人は、市販の化粧品では赤くなったり、肌荒れを起こしてしまう人も多いですが、オーガニックの商品は化学物質が使われていないので、お肌に刺激が少ないのが特徴です。
オーガニックの商品は人工香料などは使用しておらず、天然由来の精油を使っているので、優しい香りが特徴で気分をリフレッシュさせる効果も期待できます。
年齢を重ねると、しみやそばかすなどのお肌の悩みも増えてきますし、若い頃に比べるとお肌がデリケートになるので正しいスキンケアを行う必要があります。
お肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下してしまうため、しっかりと保湿を心掛けるようにしましょう。

おすすめWEBサイト 5選

2017/6/16 更新

Copyright (C) 2015 natural salon. All Rights Reserved.